月別アーカイブ: 2015年4月

法律で定められた「相続人」って誰になるの?

相続の権利がある人は、民法によって定められています。そういった人のことを法定相続人といい、亡くなった人の配偶者、子供、両親、兄弟姉妹があたります。

配偶者は無条件で相続人となります。その後、子供、父母、兄弟は相続人の優先順位が定められています。

第一位は子供です。そしてその後父母、兄弟と続きます。そのため、子供が相続人になった場合は父母、兄弟は相続人にはなれません。子供がいない場合は父母が相続人となりますが、兄弟は相続人とはならないのです。なので、兄弟が相続人になることはあまりありません。

また、配偶者が相続する場合、正式な婚姻届の提出が必要です。内縁では相続はされないということです。ただ、婚姻期間は1日でもあれば問題にはなりません。

配偶者以外は、血のつながりが必要となります。養子縁組の届け出を出している場合は、血のつながりがなくても相続人となることができます。ですが、愛人などの婚姻関係にない人の子どもは、認知がない場合は相続はできません。

相続関連の税務調査が激増している

これから相続税はだんだん増税となっていきます。そのため生前贈与が活発化してくることが予想されます。もちろん生前贈与が相続税対策として活用しやすいのは言うまでもないのですが、きちんと対策を立てて生前贈与をしないと思わぬしっぺ返しを食らうことになるので注意が必要です。

贈与税関連の税務調査のデータがあります。申告漏れを検査するために税務調査というものが行なわれますが、これは一般的には申告した年かその翌年に実施されます。

平成23年度でいうと、贈与税の調査は5600件以上行われていますが、このうち申告漏れがあったのは5300件以上となっています。そのため90%以上は何かしらの形でお咎めを受けたということになります。贈与税の税務調査が行われると、ほぼ100%なんらかの申告漏れを指摘されるというわけです。平成22年度も100%近かったので、例年それくらいの申告漏れが行なわれるということです。

国税庁は生前贈与などの資産移動に関してはデータをしっかりと蓄積しており、無申告に対しては積極的に調査しています。生前贈与を行うなら事前にしっかりと対策をたてないといけないわけです。

探偵を頼むのに必要な費用とは?

探偵をバイトでしている人のいる場合があるんです。探偵をするアルバイトを検索してみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。

このように、バイトが仕事をしている探偵事務所もたくさんあるわけです。浮気調査を頼むときには、個人情報を伝えなければいけません。

バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。頻繁に掛かってきたり取っていたり電話番号があるとしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのはとても高いと言えるでしょう。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を見つけ出せばいいのです。しかしパートナーの方が一枚上手ですと、浮気相手との電話が終わったら電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。
運転する人の目につかないところにGPS端末を設置して、行動の様子をリアルタイムで監視し、今いる場所をモニターしたり、時間のある時に、データを取り出して様々な分析をすることも可能です。
あまり、車を運転しない人の場合は、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。
これで、相手がどこに立ち寄ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。浮気の証拠をとらえるためには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。
しかし、探偵に依頼するのは高額なので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。

探偵に浮気の調査を頼んだら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所ごとにも金額は異なりますので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費とは具体的には交通費や写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるでしょう。

時間給は、人数×時間で費用を算出します。調査にかかる期間が短くて済めば費用も安くすむわけです。

電話から足がつく場合が多い

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、相当低い料金設定であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、細やかな料金設定がされており、それ以上、料金がかからないような探偵事務所がオススメです。

その他、関係団体に届け出ているのか事前調査が必要です。

法外な調査をしているところには依頼しない方が得策です。相手に気づかれないで明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要とされる技術および機材があります。

浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠とは認められません。浮気調査を探偵が依頼されたときは、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずに客観的な証拠を撮影してくれます。
身なりを確認して決定的な浮気の証拠を発見できます。
浮気をしている人に、明確に分かるのは着る洋服の違いです。

それまではお洒落には興味がなかったのに、おしゃれを急にするようになったら注意する必要があるでしょう。
この先、浮気に進展しそうな人や、浮気している人がいるかもしれません。
たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめますね。浮気相手への連絡手段として携帯を当たり前のように使われるからです。
近年、メールやラインで連絡をことも増えていますが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。

ですから、空き時間に電話することは十分考えられます。
探偵事務所を探す方法としては、利用者による口コミを調べると安心です。当たり前のことですが、該当する探偵事務所の公式サイトにアップされている口コミではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトにある口コミをチェックするといいでしょう。
その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、信頼できる情報なのは間違いありません。