法律で定められた「相続人」って誰になるの?

相続の権利がある人は、民法によって定められています。そういった人のことを法定相続人といい、亡くなった人の配偶者、子供、両親、兄弟姉妹があたります。

配偶者は無条件で相続人となります。その後、子供、父母、兄弟は相続人の優先順位が定められています。

第一位は子供です。そしてその後父母、兄弟と続きます。そのため、子供が相続人になった場合は父母、兄弟は相続人にはなれません。子供がいない場合は父母が相続人となりますが、兄弟は相続人とはならないのです。なので、兄弟が相続人になることはあまりありません。

また、配偶者が相続する場合、正式な婚姻届の提出が必要です。内縁では相続はされないということです。ただ、婚姻期間は1日でもあれば問題にはなりません。

配偶者以外は、血のつながりが必要となります。養子縁組の届け出を出している場合は、血のつながりがなくても相続人となることができます。ですが、愛人などの婚姻関係にない人の子どもは、認知がない場合は相続はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>