ブラック企業には細心の注意を払おう

けれども、このような「御恩と奉公」の関係は景気が悪化してから出てきたブラックな企業にはありません。業績と関係なく解雇するのも当たり前です。もともと、一人の人間を長く雇うなど想像していないように見えます。
ブラック企業に関して語り合うと、絶対に話に出てくる意見があります。

「昔から日本の会社はブラック企業だ」という内容です。

その通りで、日本の企業には昔から従業員が長い時間働いていたり時間外労働手当を貰えない残業が見られました。こういったように、昔からの企業でも労働組合との会話が薄くなり、厳しい労働を強いたり、大量解雇、さらには困惑するようなことを駆使しての辞職の強制も目立っています。また、保障がよく給料が満足できるものならブラックではないのかというのも疑問があります。とは言っても、良い待遇でも、生涯働くのでは意味がありません。

そのような労働環境ではどれだけ良い保障でもなんの価値もないのです。バブル時代も、国外から批評を受けるほど労働時間は長かったし、社員の個人的な時間に邪魔をしてくる風潮もよく見られました。

拘束時間の長さだけ見ると、日本の企業は昔と比べて変わらないと言ってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>